アーカイブ: 病名から調べる病気の話 - ページ 2

溶連菌

溶連菌感染症

<概要> のど風邪の一種で咽頭痛、発熱を伴いときに腹痛や発疹を認めることもあります。のどの迅速検査で調べることが可能です。 細菌の感染ですので、抗菌薬のよい適応です。感染後ときに腎炎を起こすことがあり、2~4週後尿検査を ...
続きを読む »
その他の疾患

ヒトメタニューモウイルス感染症

RSウイルスと症状が似ている感染症で、3~6月頃に流行がみられます。乳幼児に感染して平均5日続く発熱と咳、鼻水を認め、ときに気管支炎を起こしてゼロゼロとします。根本的な治療はありませんが、症状にあわせた対症療法をしていく ...
続きを読む »
けいれん

感染性胃腸炎

ほとんどの胃腸炎はウイルス性胃腸炎で下痢としてウイルスが出てしまえば自然に改善するものです。しかし乳幼児は胃腸炎によって脱水になりやすいため水分補給が大事で、摂取できなければ点滴を受ける必要があります。 ホームケアについ ...
続きを読む »
その他の疾患

尿膜管遺残症

フィギュアの羽生選手が手術したことでも知られている病気です。尿膜管は産まれる前の赤ちゃんの中で役割を果たして、その後退化するものですが産まれてからも残っていることがあります。残っていると、へそから液体が出てきたり、化膿し ...
続きを読む »
食物アレルギー、アトピー性皮膚炎

食物アレルギーその他の食材

ココナッツミルク ヤシの実の中のミルクで、お菓子や飲料などに様々使わています。名前にナッツと入っているためリスクが高いと思われて除去されていることも多いのですが、実際に症状を認めることはまれです。早めに解除のための負荷試 ...
続きを読む »