手足口病もヘルパンギーナも夏に流行するいわゆる夏風邪です。

手足口病

<症状>

数日間の発熱と(熱がないこともあります)、その名の通り手や足、口に水疱ができる病気で、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどによるウイルス感染症です。

水疱がやぶれて口内炎になると痛みで食事や水分がとれなくなって脱水になります

<診断>

発疹の特徴的な分布と周囲の流行状況で診断します。

水痘(水ぼうそう)との区別:手足口病も水痘も同様に水疱を認める病気ですが、水疱が広がるスピードと分布が異なります。水痘は1日で急に拡大します。また手足口病は手と足と口に水疱が偏って存在するのに対して水痘は偏りがなく体、手足、陰部、頭皮、口の中とランダムに全身に水疱が存在します。頭皮に水疱があれば水痘の可能性は高いと思われます。

(水痘ワクチンを2回うっていたら水痘の可能性はほぼないでしょう。ただ接種が1回の場合は、軽く水痘にかかることがあります。この場合は手足口病との区別が難しいことも多く、周囲の流行状況や発疹が広がるスピードなどから総合的に判断します)

<感染経路>

唾液や鼻水、便から感染します。登園・登校停止の基準がないため、基本的に熱がさがり元気になったら登園してOKです。改善してからも1ヶ月くらい便の中にウイルスが排出されるため、完全に防ぐことは難しい病気です。

<治療・ホームケア>

ウイルスに対する特効薬はありません。口内炎の痛みで水分がとれなくなり脱水を起こすことが一番の問題です。いかに水分をとらせるかが重要です。

口内炎の痛みに私はサルコート®を使っています。パウダー状のお薬を口内炎にふりかけて膜をはり、痛みを緩和させると水分がとりやすくなります。

<合併症>

ウイルスの感染によるものですがときに髄膜炎を発症して入院が必要になることがあります。発熱が続く、嘔吐や頭痛があるときは受診が必要です。

またウイルスのタイプにもよりますが、発症してから1ヶ月ほどで爪の変形を認めることがあります。

ヘルパンギーナ

<症状>

数日間の発熱とのどの痛みを認めます。自然に熱は下がりますが、のどちんこの上のところに水疱や出血斑ができて、痛みのために食事や水分が十分とれなくなり、脱水になることがあります

<診断>

周囲の流行状況、症状、のどちんこのところの特徴的な水疱を参考に総合的に診断します。

<感染経路>

唾液や鼻水、便から感染します。登園・登校停止の基準がないため、基本的に熱がさがり元気になったら登園してOKです。改善してからも1ヶ月くらい便の中にウイルスが排出されるため、完全に防ぐことは難しい病気です。

<治療・ホームケア>

手足口病同様にエンテロウイルスやエコーウイルスの感染によるものですので特効薬はありません。脱水対策のために水分をこまめにとってください。

水疱が痛いので口内炎の薬を使ったり、高熱でしんどいため解熱鎮痛剤の使用を考慮します。

<合併症>

手足口病と同じくウイルス性髄膜炎になることがあり、発熱の持続や嘔吐、頭痛といった症状に注意してください。