とくに新生児期は生理的逆流がありますので、ミルクや母乳を吐くことはよくあります。げっぷをしっかり出すこと、肛門刺激などでしっかり便やガスをだしてお腹の張りをとることが予防になります。吐乳はあっても、元気があり体重増加も良好であれば生理的な範囲のものと考えてください。

※病的な吐乳=肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)

胃の出口の幽門が狭くなる病気で、ピューっと勢いよく噴水のように吐乳します。十分に栄養がとれず体重は増えませんし、脱水傾向になりますから受診が必要です。

治療は薬物療法と手術療法があり、小児外科に相談します。

<体重増加不良>

前述の肥厚性幽門狭窄のほか、体重増加不良の裏には病気が隠れていることがあります。

一度受診して相談しましょう。

しかし、多くの場合は病気によらず体重増加不良を認めます。

母乳の飲み方が上手じゃないこともあります。