<お団子やお餅は何歳から食べれるか?>

明確な決まりはないですが、米国小児科学会では4歳未満は誤嚥のリスクが高いとしています。

https://www.healthychildren.org/English/health-issues/injuries-emergencies/Pages/Choking-Prevention.aspx 

・飲み込む力には個人差もあるので年齢のみで線引はできませんが、少なくとも1~2歳の子にお団子をそのまま与えるのはリスクが高いと考えます。

4歳以上でも安心とはいえず、歩き食べや寝転んで食べたり、そのまま丸呑みしたりといったことで誤嚥しやすくなります。なんでも制限するのもよくないですから、ちゃんと座って食べるとか、小さくして食べるとかいった工夫によって安全を保ちつつ、色んな食体験をしていただいたらと思います。

ピーナッツや枝豆は気道異物になりやすい:ヒュッと気管のほうに入ってしまうのが気道異物です。豆類は水分を含んで膨張して気管を閉塞させ、また気道に入るとそ化学反応から肺炎を起こすことがあります。 気道にすいこんだ直後にむせたあと、一旦症状がひいてから肺炎を起こします。ブドウ、プチトマト、ビニールやシール、プラスチックの細かいおもちゃなども異物になります。

 

子供が異物誤飲について学ぶことができる絵本

「つぶっこちゃん」↓

ピーナッツチョコレートなどの食べ歩きは気道異物が起こりやすいのでとくに注意が必要です。おもちゃなどを間違って口に入れている時は、「ダメー!」と怒るとびっくりして吸い込んでしまうので、「お口の中のベーしてね」と冷静に吐き出させます。

プチトマトなどの球体のものはのどにつまりやすいので、半分にする、十字に切れ込みを入れて口の中でつぶれやすくするなどの工夫が大事です。

・節分の豆まきの豆を誤嚥することは多く、年齢が低いうちは新聞紙を丸めたものを使うなど行事の方法に工夫が必要です。

豆類は誤嚥だけでなく、鼻や耳に入れてしまうこともあり注意です。

・3歳の赤ちゃんが口を開けたときの最大口径は約39mmです。つまりこれより小さいものならば口にはいってしまうということです。

詳しくはこちら→「誤飲チェッカー」日本家族計画協会

https://www.jfpa.or.jp/mother_child/prevent/002.html 

子どもを「事故から守ろう」

http://mamorou-kodomo-jk.jp/goen.html 

<食中毒の対策>

生卵はサルモネラなどの食中毒の原因になります。とくに暖かい季節では、古くなったものに注意が必要です。 サルモネラは発熱、腹痛、頻回の下痢、嘔吐で高度の脱水をきたし、ときに脳症を発症することもあります。

生焼けの肉は腹痛や血便を認めるカンピロバクター腸炎の原因になることがあり注意が必要です。バーベキューや焼き肉など自分で焼くときに、加熱が十分でないことがあり食中毒を発生しやすいです。

素手でおにぎりを握るのは危ない:手には黄色ブドウ球菌が付着しているので、素手で握ったおにぎりには菌とその菌による毒素が付着しており、食中毒となります。食べてから数時間で腹痛や下痢が起こります。おにぎりはビニール手袋や、ラップを使用して握ってください。

銀杏中毒:秋には銀杏を食べる機会が増えるかと思いますが、嘔吐やけいれんの症状を起こす銀杏中毒になることがあります。一度に10個以上など多量の摂取や、少量でも連日の摂取により引き起こされます。成人でもなりますが、小児に多いので食べ過ぎにはご注意ください。

・乳児ボツリヌス症の原因となるため、1歳未満はハチミツを避けたほうがよいことは有名ですが、井戸水から発症したケースもあります。井戸水はなんとなく体によさそうなイメージはあるかと思いますが、1歳未満では避けたほうが無難のようです。