子どもとのおでかけはなかなか大変なものです。

おでかけ時には様々なトラブルがあります。安全を守りつつおでかけするにはどうすればいいでしょうか。

公共交通機関でベビーカーを利用するときのポイント

  • ベルトは必ずつける
  • 電車の乗り降りするときはホームとのスキマが広いことがあり注意。
  • ホームでは傾きのために動いて危険。ストッパーをする、電車とは並行になるようにするなどの対策が必須。
  • 現状では満員電車の中ベビーカーをたたまないことに腹をたてる人もいます。可能であればバリアフリースペースなどを利用しましょう。基本的には赤ちゃんが寝ていたり、たくさんの荷物がのっていれば畳む必要ありませんが、それでも不快感を持つ人がいます。

【エスカレーター】

ベビーカー利用時はエレベーターを使い、エスカレーターの使用は重大事故につながります。

【熱中症対策】

  • 車の中はすぐに温度があがるので、短時間でも車を離れるのは危険です。
  • 日よけをする。
  • ベビーカー冷却シートを使う。
  • ミニ扇風機 を使う。

【風邪のときのおでかけ】

体調が悪い時でも例えばきょうだいの用事などでお出かけしないといけないことがあります。

・風邪の時にベビーカーで寝てると鼻や痰がからんで嘔吐することがあります。→寝たら顔を横にむけておく。嘔吐したときのためにビニール袋、着替えなどを用意しておく。ペットシートをひいておく。

※ちなみにベビーカーで嘔吐して汚れや臭いが取れないときはベビーカークリーニングサービスもあります。

https://www.babys-room.net/18660.html