乳幼児に多い病気で声がれ、発熱、特徴的なケンケンとした咳を症状とします(犬吠様咳)。

特定の病原菌はなく様々な原因があります。のどと気管の間の一部が腫れることで、空気の通り道が狭くなって呼吸が苦しくなるものです。吸入の治療やときに入院治療が必要になります。

クループの咳:https://www.kidmedva.com/kidmed-ical-journal/croup/