ほとんどの胃腸炎はウイルス性胃腸炎で下痢としてウイルスが出てしまえば自然に改善するものです。しかし乳幼児は胃腸炎によって脱水になりやすいため水分補給が大事で、摂取できなければ点滴を受ける必要があります。

ホームケアについてはHAL先生のブログが参考になります↓ http://halproject-gast.blogspot.com/ 

  • 水分がとれない
  • 尿がでない、少ない
  • ぐったりしている
  • 血便が出る

このようなとき必ず医療機関に受診が必要です。

<胃腸炎関連けいれん>

小児に発症する、胃腸炎に伴って出現するけいれんです。2-3分の全身けいれんが群発します(1日に数回起こる)。ノロウイルス、ロタウイルス、その他の胃腸炎が原因になります。熱がなくても起こり、熱性けいれんとは治療が異なります。胃腸炎が改善すれば再発することはまれです。

<細菌性腸炎>

生卵、生肉などから感染して食中毒を引き起こし、腹痛や嘔吐、下痢ときに血便を伴います。治療は抗菌薬を適切に使います。

卵であれば新鮮なものを、肉はしっかり加熱することが予防になります。

乳幼児には生卵や生肉は与えないほうがいいでしょう。