フィギュアの羽生選手が手術したことでも知られている病気です。尿膜管は産まれる前の赤ちゃんの中で役割を果たして、その後退化するものですが産まれてからも残っていることがあります。残っていると、へそから液体が出てきたり、化膿したり腹痛などの症状が出るので治療が必要です。