赤ちゃんの頃から保湿をしてスキンケアをすることで、将来食物アレルギーを発症する可能性を低くすることが可能です。

保湿剤を使うことに悪影響はありませんので、個人的には全ての赤ちゃんが保湿剤を使うことが望ましいと考えています。

湿疹は食物アレルギー発症のリスクになりますので、赤ちゃんに湿疹がある場合基本的には受診して治療やアドバイスをしてもらってください。

<口のまわりのスキンケア>

https://note.mu/papasyo/n/nb1d84440072d

<目の周りの発疹の治療>

目のまわりも皮膚ですからステロイド軟膏は使用できます。

リンデロンA®などの眼軟膏はフラジオマイシンという抗菌薬との合剤ですので、抗菌薬によってかぶれることもあり注意が必要です。

<ステロイド軟膏の副作用>

「ステロイド軟膏塗ったら皮膚が黒くなる」と心配される方がいらっしゃいますが、ステロイド軟膏には黒くする作用はありません。黒いのは湿疹がなかなか治らなくてできた炎症性色素沈着によるものです。しっかりお薬塗って早く治してしまえば黒くなることはありません。

※スキンケアやアレルギーについて、アレルギー専門医のほむほむ先生がブログで詳しく解説してくださってます。↓

https://pediatric-allergy.com/