<除去しなくてもいいもの>

鶏卵アレルギー:卵殻カルシウム、鶏肉、魚卵

牛乳アレルギー:乳糖、牛肉

小麦アレルギー:醤油、味噌、穀物酢、麦茶(大麦)

ただし重度の場合には一部症状が出たという報告もあります。

<鶏卵アレルギー>

離乳食で「はじめての卵」にかき卵汁とか茶碗蒸しを食べてアレルギー症状出ることは多いです。 卵はしっかり加熱されてるほど安全で、卵白より卵黄のほうが症状は出にくいです。「はじめての卵」はゆで卵の卵黄をオススメしてます。

・卵ボーロも加熱は十分でなく、また加熱状態も均一でないのでアレルギー症状は意外と出やすいです。

・はじめての卵はゆで卵黄で開始することが多いと思いますが、ゆで卵を作ったら早めに分離したほうが安全です。卵白の成分はそのままにしておくと卵黄に移行していきます。冷めてからすぐに分離すれば卵白成分は少ないですが、数時間経過したものは無視できないくらい卵白成分が混入しています。

鶏卵アレルギーであっても魚卵は異なる生物なので別々にわけて考えていただくといいです。卵アレルギーでもいくらやししゃもが大丈夫なことがほとんどです。

・食物アレルギーの患者さんで普段食べれている量なのに今日はアレルギー症状でましたって時があします。体調不良など色々考えられますが、原因のひとつとして歯がぬけたあとというのもあります。歯が抜けたところはむき出しになってアレルゲンが侵入しやすいです。

・インフルエンザに使用する吸入のお薬、イナビル®やリレンザ®には乳糖が使用されており微量の乳蛋白が含まれる可能性があります。牛乳アレルギーの方が使用するとアレルギー症状を認めることがあるので、使用を避けるほうが無難でしょう。

<乳アレルギー>

・インフルエンザの吸入薬であるリレンザ®イナビル®は乳糖が含まれており、重度の乳アレルギーの人が吸入するとアレルギー症状が出る可能性があり、注意が必要です。